猿でもわかるフーリエ余弦級数とフーリエ正弦級数

フーリエ級数から[keikou]フーリエ余弦係数とフーリエ正弦係数[/keikou]はすぐに求められるのですが、覚えていますか。偶関数と奇関数の性質を利用してフーリエ級数から求められるのでしたね。といっても、すっかりと忘れてしまった人もいると思いますので、ここでは[keikou]フーリエ余弦係数とフーリエ正弦係数の確認をしてみた[/keikou]、ということで、いま一度フーリエ係数について振り返ってみます。

[voicel icon=”https://univ-study.net/wp-content/uploads/2022/05/2205042135.jpg” name=”理系大学生ケイスケ”]すっかり忘れちゃったなあ[/voicel]

フーリエ級数がわかれば、[keikou]フーリエ余弦係数とフーリエ正弦係数[/keikou]は本当に[keikou]すぐに求められます[/keikou]。まず、偶関数と奇関数を振り返って、フーリエ級数からフーリエ余弦係数とフーリエ正弦係数を求めようと思います。

[voicel icon=”https://univ-study.net/wp-content/uploads/2022/05/2205042132.jpg” name=”理系大学生ケイスケ”]本当に? そんなに簡単だったかな[/voicel]

偶関数と奇関数

偶関数と奇関数を思い出しましょう。[keikou]偶関数と奇関数は非常に簡単でしたね。[/keikou]

 

$$f(-x) = f(x)が偶関数 \\ f(-x) = -f(x)が奇関数でしたね。$$

 

そして、$$aを定数としてcos\,axは偶関数、sin\,axが奇関数でしたね。$$

 

そこで[keikou]偶関数と奇関数の関係性がとても重要[/keikou]でした。それは次のような関係です。ここから重要な関係式が導き出されます。一般に$$g(x)を偶関数、h(x)を奇関数として、任意の区間[-M, M]での定積分では、$$

 

[aside type=”sky”]$$\int_{-M}^{M}g(x)\,dx = 2\int_{0}^{M} g(x) dx,\,\int_{-M}^{M}h(x)dx = 0$$[/aside]

 

でしたね。それともう一つ重要な[keikou]偶関数と奇関数の関係性[/keikou]があります。

 

[aside type=”sky”]$$偶関数\times 偶関数 = 偶関数 \\ 偶関数\times 奇関数 = 奇関数 \\ 奇関数\times 奇関数 = 偶関数$$[/aside]

 

これさえ押さえていれば、もうフーリエ余弦係数とフーリエ正弦係数へはひとっ飛びです。周期2Lとしたフーリエ級数は次のとおりでしたね。

 

[aside type=”sky”]$$f(x) = \frac{a_0}{2} + \sum_{n=1}^{\infty}\left(a_ncos\frac{n\pi x}{L} + b_nsin\frac{n\pi x}{L}\right)$$[/aside]
[voicel icon=”https://univ-study.net/wp-content/uploads/2022/05/2205042131.jpg” name=”理系大学生ケイスケ”]ふむふむ、あっ、そうか![/voicel] [voicer icon=”https://univ-study.net/wp-content/uploads/2022/05/2205042119.jpg” name=”先生”]もうわかったね。[/voicer]

フーリエ余弦係数

フーリエ級数で、$$f(x)$$が[keikou]偶関数または奇関数であるならば、フーリエ係数$$a_n,\,b_n$$はどちらか一方が0になります。[/keikou]

 

[voicer icon=”https://univ-study.net/wp-content/uploads/2022/05/2205042119.jpg” name=”先生”]これがポイントだったね。[/voicer]

 

$$f(x)が偶関数ならばb_nの項はf(x)sin\left(\frac{n\pi x}{L}\right)が奇関数ですので、$$

 

[aside type=”sky”]$$b_n = \frac{1}{L}\int_{-L}^{L}f(x)sin\left(\frac{n\pi x}{L}\right)dx = 0$$[/aside]

 

このことから周期2Lの偶関数f(x)のフーリエ級数は、cosの項のみ残り

 

[aside type=”sky”]$$f(x) = \frac{a_0}{2} + \sum_{n=1}^{\infty}a_ncos\left(\frac{n\pi x}{L}\right) \\ a_n = \frac{2}{L}\int_{0}^{L}f(x)cos\left(\frac{n\pi x}{L}\right)dx   (n = 0, 1, 2, \cdots)$$[/aside]

 

[voicer icon=”https://univ-study.net/wp-content/uploads/2022/05/2205042118.jpg” name=”先生”][keikou]これがフーリエ余弦係数です。[/keikou]もうここまでくれば、フーリエ正弦係数はわかるね。[/voicer]

 

フーリエ正弦係数

$$f(x)が奇関数ならば、a_nの項のf(x)cos\left(\frac{n\pi x}{L}\right)は奇関数ですので、$$

 

[aside type=”sky”]$$a_n = \frac{1}{L}\int_{-L}^{L}f(x)cos\left(\frac{n\pi x}{L}\right)dx = 0$$[/aside]

 

このことより周期2Lの奇関数f(x)のフーリエ級数はsinの項のみ残り

 

[aside type=”sky”]$$f(x) = \sum_{n=1}^{\infty}b_nsin\left(\frac{n\pi xz}{L}\right) \\ b_n = \frac{2}{L}\int_{0}^{L}f(x)sin\left(\frac{n\pi x}{L}\right)dx (n = 1,2,3,\cdots)$$[/aside]

 

[voicel icon=”https://univ-study.net/wp-content/uploads/2022/05/2205042131.jpg” name=”理系大学生ケイスケ”]先生、[keikou]これがフーリエ正弦係数だよね。[/keikou][/voicel]

 

[voicer icon=”https://univ-study.net/wp-content/uploads/2022/05/2205042119.jpg” name=”先生”]そのとおり![/voicer]

 

まとめ

[keikou]フーリエ余弦係数とフーリエ正弦係数[/keikou]は、まず、フーリエ級数から導き出されるのですが、そのときに[keikou]偶関数と奇関数の性質が大変重要[/keikou]なのです。奇関数のある区間の積分は0になり、消えてしまうのです。そして、この性質を利用してフーリエ余弦係数とフーリエ正弦係数が導き出されます。

 

今回は復習もかねてのフーリエ余弦係数とフーリエ正弦係数についての説明でした。これで、だいぶ、フーリエ級数にこなれてきたと思いますが、どうでしょうか。今回のことでフーリエ級数に関してかなり深く理解が進んだと思います。この調子でがんばりましょう。

1 COMMENT

anon

数式中で使う字体について。
x や i など、変数名は「数式イタリック体」を使って書きますが、
sin や cos など、関数名は「数式ローマン体」を使って書くのが一般的です。
TeX で書くのなら、数式中でそのまま $ x , i $ などと書けば「数式イタリック体」になり、
$ \sin x $ のように「\」をつけたマクロの名前にすれば \sin というマクロが実行されて「数式ローマン体」になると思います。
「\」をつけずに $ sin x $ としてしまうと、すべて「数式イタリック体」になってしまい、4つの変数 s, i, n, x が掛け合わされた項のようになってしまいます。それで4つの文字が sinx のように続いてしまって困るので $sin\ x$のように空白命令「\ 」などを入れているのだと思いますが、正しく $ \sin x $ のようにすれば字体が正しくなるだけなく、sin と x の間に適切な空白も自動で入るようになります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください